FC2ブログ

めし処 午後の餃子食堂

FEMDOM HYPNOSIS FAN BLOG メディアに登場する「催眠術を使う女性」に関する情報を集めるブログです。


無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[作品紹介]ナルニア国物語4 銀のいす

「ナルニア国物語4 銀のいす」

 指輪物語と並び称されるファンタジーの名作、ナルニア国物語より。第四話「銀のいす」では、ナルニアの王子リリアンを誘拐し、助けに来たスクラブ、ジル、沼人泥足にがえもんの三人をも惑わしの魔法で籠絡しようとする緑の魔女が登場します。


魔女はひとしきりつまびきをしてから(もうあまい香りが強くなってから)、うっとりするようなあまい静かな声で、話しはじめました。
(中略)
。けれどもそのどれもみな、おぼろげで、遠いことのようでした(ポロン、ポロン、ポロン。魔女の楽器のつるの音がひびきました)。ジルは、わたしたちの世界のさまざまなものの名を思い出すことができませんでした。そしてこんどは、じぶんが魔法にかかっているという思いが浮かはなくなりました。もはや魔法がすっかりききめをあらわしていたのです。いうまでもありませんが、まどわしの魔法がかかればかかるほど、だんだんかかったと思わなくなっていくものなのです。ジルは、うっかりこういってしまいました(そしていったとたんに、気が楽になりました)。
「ちがいました。別の世界なんて、全部夢にちがいないわ。」
「そうでしょう。全部、夢ですよ。」と魔女は、あいかわらずつまびきながらいいました。
「そうです。全部、夢だわ。」とジル。
「そんな世界は、なかったのです。」と魔女。
「そうです。」とジルとスクラブ。「そんな世界は、なかった。」
「この国のほかに、世界はなかったのです。」と魔女がいいました。
「あなたの国のほかに、世界はなかった。」とふたりは、いいました。
(中略)
「ナルニアはありません。地上の世界はありません。空も太陽も、アスランもありません。そしていまは、ベッドにはいることばかりですわ。そしてあしたから、もっとりこうになって、いいくらしをはじめましょう。でもいまほまず、ベッドへいくことよ。眠ることよ。ぐっすりと、やわらかい枕で、おろかな夢など見ないで、おやすみなさいな。」
 王子とふたりの子どもたちは、首をたれ、ほおを赤くし、目をなかばとじながら、ゆらゆらと立っていました。あらゆる力がぬけさっていました。まどわしの魔法は、三人をすっかりとらえてしまいました。



 先頃第一話「ライオンと魔女」が映画化され、好評につき第二話「カスピアン王子のつのぶえ」も映画化決定したナルニア国物語ですが、この「銀のいす」は第四話なので、順調にいっても映画化は三~四年後ということになります。BBCによる映像化のクリップがinrupturedに上がっていますが、原作ほど雰囲気のあるシーンではありませんでした。映画化はどうなるのか、まだまだ早いですが、気になるところです。
 ちなみにこちらは、Sue-Chan氏によるイメージイラストです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gogonogyoza.blog50.fc2.com/tb.php/23-528e3ffc

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

午後の餃子

午後の餃子

名前の由来
・餃子が好き
・「午後の紅茶」のもじり
・船戸与一の小説「午後の行商人」のもじり
 曰く「面倒を背負い込みたくなかったら午後の行商人からは何も買うな。売れ残りを押しつけられるだけならまだいい。ときとしてとんでもないものまで抱え込まされることになる」

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。